妊活に青汁!?その効果とは?

妊活に青汁を飲む意味

 

ご訪問ありがとうございます。

 

「妊活」「青汁」には意外な相性がある事をご存知でしょうか?

 

普段から健康のために青汁を飲まれていた方が、「妊活を始めたいけど、青汁はなにか影響あるか?」「妊活中におすすめの青汁は無いか?」などと検索されることも多いようです。

 

ここでは、青汁が妊活、妊娠に与える影響について紹介します。

 

また、現在では妊活専用に作られた青汁も発売されているんです。
女性にも男性にも効果があるから、夫婦で飲める!妊活は夫婦二人でするもの。

 

いかにもな葉酸サプリだけじゃなくて、「妊活青汁」という選択をされるご夫婦も増えているんです。

 

妊活と青汁の相性

普段から健康のために青汁を飲まれていた方で、これから妊活を始める際に影響がないか心配な事もあると思います。

 

結論から言うと、青汁はプラスの栄養はあってもマイナスはほぼありません。
そのまま飲み続けていただいて結構です。

 

また、これから青汁を選ぼうという場合には、後で詳しく紹介しますが、「妊活用」に開発された青汁があります。
こちらは非常にオススメ。値段はしますが、妊活用に選ばれるなら現状一択です。

 

便秘(腸内環境の悪化)は妊活にも悪影響

これまで青汁を飲まれていた方は、何のために飲んでいたのでしょうか?

 

ほとんどの場合、健康のため、お腹のためですよね。
青汁は、言ってしまえば食物繊維のカタマリです。
加えて、乳酸菌や各種ビタミンも含まれているスーパードリンクなのです。

 

妊活というと、葉酸やマカ、鉄分などの栄養素を摂取することや、体を冷やさないこと、漢方療法などたくさんありますが、意外と知られていないのが“腸内環境を整える”ことの重要性です。

 

骨盤内には腸や子宮、卵巣といった重要な臓器がおさめられており、便秘で腸に老廃物がたまったり、血行不良で冷えたりすると、子宮や卵巣に影響が出ることがあるのです。

 

子宮や卵巣の働きが低下すると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、正常な妊娠機能が低下し、胎児の健全な発育が妨げられます。

 

また、腸内で活性酵素が溜まると、大腸の活動などが鈍るため、これもまた便秘の原因になると言われています。
そのため、腸内環境を整え、かつ抗酸化作用のある食品を積極的に取ることが妊活の第一歩なんです。

 

腸内の悪玉菌は赤ちゃんにも影響する

母親の腸内細菌って、実は産まれてくる赤ちゃんに産道を通して受け継がれてしまうんです。

 

つまり、お母さんの腸内が悪玉菌だらけだと、赤ちゃんの腸内細菌にも影響してしまうということ。

 

腸というのは、免疫系を司っています。
口から入ったものを吸収する器官だから、良からぬものを弾き出すのも腸の役目。
人間の免疫細胞の7割は腸に集中しています。

 

新生児の腸内環境は、母親の腸内環境に大きく関連しています。
このため、免疫のトラブルや食品アレルギー(免疫の過剰反応)などにも影響してくると考えられているんです。

 

このため、妊活と言っても葉酸サプリだけ飲んでいればいいのではなく、普段からお腹の調子を整えることが重要なんです!

 

妊活に青汁が重要な理由まとめ

妊活における腸内環境の重要性の説明

腸内環境が悪いと、サプリメントの摂取や食生活の改善も無意味

腸は食べたものから栄養素を取り出して体内に吸収してくれる、大切な器官。
腸内環境が悪いと、効果の期待できるサプリメントを飲んでもその中に含まれる豊富な栄養素をしっかり吸収できず、体外に排出されてしまうだけです

 

便秘や冷えは妊娠機能を低下させる

重度の便秘で腸に老廃物がたまったり、血行不良で冷えたりすると、子宮や卵巣の働きが低下し、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、正常な妊娠機能が低下し、妊娠しにくくなってしまいます。

 

ストレスは妊活にNG!腸内環境が良いと、ポジティブ思考に

最近の研究で、腸内の状態が脳にまで影響を及ぼす「脳腸相関」というシステムが明らかになってきました。

 

腸内環境が整っていると、脳からは幸せを感じる「セロトニン」や「ドーパミン」という物質が作られるため、イライラが少なくなり、ストレスを軽減させるそうです。
逆に、腸内環境が悪いとネガティブ思考になったり、気分が沈んだりする傾向にあるとか
妊活中のストレスは絶対に避けたいので、良好な腸内環境の維持はとっても大切なんです!

 

妊娠中にも青汁は飲んだほうがいい

妊活によって、無事妊娠できた場合も、青汁は飲み続けたほうが良いのです。

妊娠初期の便秘ってどうして起こるの?妊婦が便秘になる6つの理由

@妊娠によるホルモンバランスの変化
Aつわりによる食事の変化
B胎児に取られてしまうため体内の水分不足
C胎児への影響を心配して運動不足になる
D子宮の拡大による腸の圧迫
E妊娠による様々なストレス

妊娠すると免疫力が落ちる

腸には免疫細胞の約7割が集まっています。
妊娠すると、お腹の赤ちゃんを守るためにお母さんの免疫力は自然と低下します。
妊娠中の感染症ほど怖いものは無いので、特に免疫力には気を使いたいですね。

便秘は胎児にも悪影響

排泄すべきものを排泄できていないという事が、赤ちゃんに影響しないはずがありません。
また、トイレで激しくいきんだりすると赤ちゃんにも良くないため、早めにスッキリ対策をしておきましょう。

お母さんの腸内細菌は、産まれてくる赤ちゃんに受け継がれる

帝王切開などを除き、赤ちゃんは産道を通してお母さんの腸内細菌を受け継ぎます。
妊娠中は特に便秘になりやすいため、悪玉菌だらけの腸内細菌を赤ちゃんに受け継がせないためにも、今からきちんと腸内環境を整えておきましょう。

 

これらを解決するためには、日々の意識付けも大切ですが、妊娠中はいろいろと大変で、中々気がまわらないことも多いですよね。
胎児への影響を考えると、下剤なども気軽に摂れないし…

 

そんな時に、青汁は安心して飲める便秘解消サプリとして大いに役立ってくれるんです!

 

妊活用青汁「大人の青汁・シトルリン桑抹茶」

妊活,青汁

 

妊活における青汁の効果についてご紹介してきましたが、ここで「妊活用」に作られた「大人の青汁」をご紹介します。

 

青汁が妊活に良いと言っても、ほとんどの青汁は妊活のために作られたわけではありません。

 

妊活ならば、意識して多めに摂りたい栄養素、たとえば「葉酸」や「亜鉛」などは含まれていませんよね。

 

「大人の青汁」は、食物繊維のカタマリとして桑の葉青汁をベースに、女性に重要な葉酸を600μg、男性に重要な亜鉛を10mg、男女ともにミトコンドリアの活性に有効なコエンザイムQ10を60mg配合しています。
(いずれも一日二杯の分量)

 

青汁でありながら、これだけの成分を配合した商品は現時点で他にありません。
妊活を始める方が新たに選ぶなら、大人の青汁が一番オススメな理由です!

 

大人の青汁で摂れる栄養素

妊活,青汁

 

ここでは、大人の青汁の配合成分について、簡単にご紹介しておきます。
※配合量はいずれも一日二杯分の分量です。

桑の葉

青汁のベースとなるのは、桑の葉です。

 

市販の青汁には、ケールや大麦若葉も多いですが、桑の葉は弥生時代から日本人に食べられてきた健康食品の老舗。
食物繊維だけでなく、鉄分やカルシウム、各種ビタミンも豊富なんです。

 

味は、ケールのような独特の匂いや臭みがなく、さっぱりと飲むことが出来ます。

 

 

桑の葉の特有成分 DNJ

大人の青汁・シトルリン桑抹茶は、定番のケールや大麦若葉ではなく、桑の葉を主成分とした青汁です。
この桑の葉には、豊富な食物繊維や各種のアミノ酸などの妊活サポート成分が多く含まれていますが、実はこれだけではありません。

 

桑の葉には、DNJという桑の葉だけの特有成分が含まれており、これが「血糖値を下げてメタボを予防する」働きを持つことが知られているのです。

 

ちなみに、DNJは株式会社トヨタマ健康食品の登録商標で、同社が参画した「神奈川県の機能性食品に関する共同研究事業(平成2年〜6年)」において、【桑葉には、有効成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)が含まれており、この成分が糖の吸収を阻害し、食後の血糖値の上昇を抑制する】事が明らかになったのです。
http://www.kenkoshokuhin.jp/about_kuwaha_dnj/

 

このDNJは、糖質の最小単位であるブドウ糖(グルコース)に、構造が非常に似ている事が特徴。

 

糖質は主に小腸で吸収されますが、小腸内の糖質分解酵素がDNJにも反応するため、本当の糖質が小腸に来たときにもDNJが身代わりになって分解されてしまうので、結果として糖質の分解を阻害する効果があるのです。

 

また、小腸で分解されなかった糖質は、大腸まで移動して分解されますが、この時大腸で発生する水素や乳酸などが大腸を刺激して、排便を促進する効果もあります。
つまり、便秘の解消も期待できるということですね。

 

血糖値が高めだったり、便秘・肥満であることは性機能の障害にもなり男性不妊に繋がる可能性も指摘されていることから、血糖値が高めで肥満気味の方には、特に大人の青汁が有効なのです。

 

葉酸 600μg

葉酸は、健全な細胞分裂をサポートするビタミンB郡の一種で、特に妊娠中の女性には必要量が多くなります。
厚生労働省では、妊娠を希望する段階から出産、授乳中まで一日400μgの葉酸摂取を推奨しています。

 

国民栄養調査では、日本人のほとんどが必要量を満たせていないので、サプリメントの活用が推奨されています。

 

亜鉛 10mg

亜鉛は、男性ホルモンをサポートするミネラルです。
精子の材料になることでも知られ、市販の精力剤にはほぼ100%配合されています。
欧米では「セックスミネラル」と呼ばれているとか。
妊活中の男性はぜひ摂りたいところ、女性にも欠かせない栄養素です。

 

一日の必要量は成人男性で10mgですが、こちらも日本人の大半が満たせていません。

 

コエンザイムQ10 60mg

コエンザイムQ10は、全身の細胞内のミトコンドリアをサポートする補酵素です。
ミトコンドリアとは、細胞内でエネルギーを生み出すための小器官。ミトコンドリアが生み出したエネルギーで私達は生きているのです。

 

細胞内にどれくらいのミトコンドリアがあるかは、細胞によって様々。
中でも、最もミトコンドリアが多い細胞のひとつが、女性なら卵子、男性なら精子です。

 

ミトコンドリアは加齢によって減少してくるため、このミトコンドリアを活性化させることが特に35歳以上の不妊治療では重要とされています。

 

カルニチン 60mg

カルニチンは、ミトコンドリアに脂肪酸を取り込むためのアミノ酸です。

 

体脂肪が分解されると、脂肪酸となって血液中に放出され、それがミトコンドリアに取り込まれてエネルギーとして燃やされます。
このとき、脂肪酸はそのままではミトコンドリアに入ることが出来ず、カルニチンと結合することで初めて燃焼出来るのです。

 

このため、ミトコンドリアが活発にエネルギーを生み出すために不可欠な栄養素です。

 

シトルリン 1200mg

シトルリンは、血管を拡張する働きのあるアミノ酸です。
運動不足が続いてくると、全身の血行が悪くなり身体の各器官が衰えてきます。

 

男性なら精巣や男性器、女性なら卵巣や子宮に血流が減ると、当然機能も衰えます。
シトルリンは、全身の毛細血管を拡張し、これらの器官にも新鮮な栄養と酸素を送り届けやすくなります。

 

こうのとりフォーラムで【大人の青汁】が人気一位に

こうのとりフォーラム

 

2018年3月22日に開催された、西日本最大級の妊活学習イベント「こうのとりフォーラム」において、約1000名の来場者のアンケートで、
大人の青汁が人気一位を獲得したそうです。

 

大人の青汁が支持された要因としては、、、

  • 夫婦で妊活できるから嬉しい♪
  • 抗酸化成分が多くてアンチエイジングに期待できる♪
  • 青汁で妊活っていう発想がアタラシイ!!

 

などの声があったそう。
大人の青汁は、従来の妊活サプリのようないかにもなサプリメントではなく、水で溶かす青汁だから飲みやすい。

 

「腸内環境を清潔にしてまずは健康に」というアプローチであれば、サプリメントタイプではなく青汁タイプのほうが、圧倒的に多くの成分を摂取できます。

 

このことから、妊活に必要な栄養は摂りつつも、その上腸内環境の改善から「単純な健康」にもつながる大人の青汁が支持されたというわけですね。

 

また、大人の青汁は「夫婦一緒に飲める」というのも大きなポイント。

 

残念ながら、未だに多くの男性が「不妊の原因は自分じゃない」と思っている傾向にあります。
そして、妊活に協力的でない方も多く、妻側にばかり負担になることも。

 

大人の青汁は、いかにもなサプリメントではなく、青汁タイプにすることで、男性側も「単純な健康のため」に飲みやすく、夫婦二人で一緒に頑張れるのが喜ばれているんですね!

 

 

大人の青汁は男性不妊の要因にもアプローチ

『大人の青汁・シトルリン桑抹茶』は、ただ腸内環境を改善するだけの青汁ではなく、妊活に励む夫婦の「男性不妊の原因」にアプローチする成分が含まれています。

 

そもそも不妊とは「正常な夫婦生活を続けているのに1年以上授からない夫婦」という定義。
1年経っても授からない場合、もしくはこれから子どもを希望する際に、障害などのリスクを少しでも減らしたい場合には、妊活サプリメントで必要な栄養を補充していくことが、まずやるべき方法です。

 

不妊の原因の半分は男性?

これまで、『妊活』といえば女性の話題でした。
なかなか妊娠できない原因は女性の身体の方にあるとされ、女性ばかりがサプリを飲んだり食事に気をつけたりと一生懸命。
旦那の方はいつも通り漫然と過ごしているだけという夫婦が多かったんですね。

 

しかし、世界保健機関(WHO)の調査によると、なんと不妊の原因の約半分は男性の方にあるようです。

 

 

男性側の不妊の原因は、「精子の数が少ない」「精子の運動率が悪い」などの問題。
精子が卵子にたどり着くことで子どもは生まれるわけですから、その精子が少なかったり、元気がなかったりというのは大問題なのです。

 

大人の青汁・シトルリン桑抹茶は、この精子の数を増やしたり、精子の運動率を上げたりするのに効果的とされる成分を、多数配合しています。

大人の青汁は女性にも有効

大人の青汁、シトルリン桑抹茶に含まれるこれらの成分は、男性だけでなく女性にも、もちろん有効です。
男性は、精子や精液をつくるために使う栄養が、女性の場合は卵細胞の発育や子宮、胎盤の健全な成長に使われるのです。

 

ですから、大人の青汁は一箱買えば夫婦で一緒に飲めるのが大きなメリット。
毎日夫婦で一緒に飲むことで、一緒に妊活している連帯感も生まれてくるのです。

 

妊活を夫婦でするメリット

夫婦が子どもを授かるために様々な活動をする妊活。
昨今の日本の状況をみていると、「妊活」というのは女性にばかり過剰な負担がかかっているような気がしてなりません。

 

確かに、35歳以上の女性にとって卵子の老化は無視できない問題ですが、男性の精子だって老化するのです。
精巣の機能低下が、精子が減ったり運動率が下がったりする原因です。

 

事実、不妊の約50%は男性に原因があるようです。

 

それなのに、奥さんばかり食事やサプリや運動を頑張っているのに、旦那の方は何もしない…
こういう夫婦をよく見ることがあります。

 

これでは、夫婦仲にも深刻な影響を与えますよね。

 

妊活でよく見られる葉酸サプリは、女性が飲むものというのが常識になっています(本当は男性も飲んだほうが良いです。)
これが、「妊活=女性が頑張るもの」という先入観を与えている原因の気がします。

 

しかし、大人の青汁は夫婦で飲むのが基本です。
男性は精子、女性は卵子の老化を防ぎ、活性化させることが、大人の青汁の期待される効果。

 

だから、大人の青汁は「夫婦で協力する妊活」なんです。

 

特に夫婦ともに35歳以上の方は、絶対に男性も女性も一緒に飲むべきです。
このことは、単に「子どもを授かる」こと以上のメリットを夫婦にもたらしてくれるんです。

 

二人で一緒に頑張った結果の子どもなら、一層愛情も深まるはず。
だから妊活を始める夫婦には、大人の青汁がオススメなんです。